A Man of No Use

Men are worthless, while women are useless.

タンブリラ、薔薇に代えて。

Feel free to reblog, follow, or unfollow.

September 15, 2014 at 9:51pm
376 notes
Reblogged from otsune

2005年に地下鉄パニック映画『交渉人 真下正義』が公開された。この中にダイヤ編成担当者「線引屋」が登場する。彼は混乱するコンピュータシステムを尻目に、印刷されたダイヤにペンと定規で線を引き、列車の変更を指示していく。そして見事にダイヤを復旧させる。

 映画ならではの誇張された人物像と思うかもしれないが、こういう人材は実在する。コンピュータより状況判断と洞察力に優れ、ダイヤを熟知する職人。手書きでダイヤを作成した時代は大勢いた。いまもその存在をうかがわせる鉄道会社がある。京急電鉄だ。

— Business Media 誠:杉山淳一の時事日想:雪は降らなかったけど、JR東日本が間引き運転を決めた理由 (1/6)

(via yellowblog)

9:50pm
228 notes
Reblogged from thinkeroid

「他の人の写真に興味のないやつはだめだね。うまくならない。」

「他の人の作品だと欠点が見えやすい。自分の作品からは見えにくいけどね(笑)。だから他の人の作品みて『自分だったらここはこうするのに』と思うことが大事。その積み重ねが地道なスキルアップにつながるんだよ。」

— 「自分だったらどうするか?」の視点がスキルアップへの近道 | IDEA*IDEA  (via thinkeroid, thinkeroid) (via sjmp) (via perie) (via thinkeroid) (via roamingsheep) (via plasticdreams) (via tino0122) (via vuking) (via lidentity) (via namimory) (via chihira-masamichi) (via hepton-rk) (via neurl1)

September 9, 2014 at 10:44pm
53 notes
Reblogged from thinkeroid

対米戦争遂行のために生まれた東大第二工学部は、戦後は一転して“戦犯学部”と呼ばれ、廃止の運命を辿らざるをえなかった。その“戦犯学部”の出身者たちが、全壊、半壊の工場に散って、技術の再興と新技術開発にチャレンジし、いまや日本技術軍団のリーダーとして、アメリカの企業と食うか食われるかの“サバイバル戦争”を戦っているのである。むろん、彼らに“リターン・マッチ”の意識があるわけではないだろう。しかし、結果論的ではあれ、彼らは後に技術先進国のアメリカと対決するようなマインドを、二工で育てられていたのである。それがまた、二工から人材を輩出した秘密でもあった。

— Amazon.co.jp: 東京大学第二工学部: 今岡 和彦: 本 (via raitu, thinkeroid) (via gkojax-text) (via zaki123) (via megane4141) (via komezoo)

September 8, 2014 at 11:34pm
304 notes
Reblogged from katoyuu
katoyuu:

ウキキ on Twitter: “NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」楳図かずお×稲川淳二を観てたら、稲川直筆の取材ノートやらが映し出されて、字の綺麗さに驚愕した。このフォントをPCにインストールしたいレベル。 http://t.co/dZVaOJ5HN8”

katoyuu:

ウキキ on Twitter: “NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」楳図かずお×稲川淳二を観てたら、稲川直筆の取材ノートやらが映し出されて、字の綺麗さに驚愕した。このフォントをPCにインストールしたいレベル。 http://t.co/dZVaOJ5HN8”

(via antoninjp)

11:33pm
954 notes
Reblogged from ch624

69 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/08/18(月) 16:26:44.03 ID:/B5lwffJ0.net

ストーリー面白いだろ

あれって一応、子供が身に付けた超能力がそれなりに物理法則に則ってるから面白いんだよ
ラノベクソアニメと違って、どういうベクトルが働いてるってのが美しく描写出来てるから説得力がある

アキラには空間を消す膨大な負の力があって
鉄雄にはエネルギーを膨張させ付加する正の力があった

前者は都市を消し去ってしまったし、後者は自身が膨れ上がってマシュマロマンみたいになっちまった
どちらもコントロール出来ないから、存在し続けてしまうと空間を消す or 膨張させてしまう状態だった

なので結果的に、2つの相反する力をぶつけ合って、宇宙を生み出すビックバンの力と
宇宙を消し去る力、正負で相殺しあってゼロにして何とか状況を抑えたって話だよ

科学者のジジイも、陽子崩壊が確認されたとか、未知の粒子が多数発せられてるとか興奮してただろ
要は力が暴走しすぎて宇宙を作り出せちゃってるって言ってんだよ。

ちゃんと考えながら見れば
浮き上がる小石の動き方や重力を発生させてる描写全てが理に適ってるんだよ

辻褄が合う って、アニメのストーリーの良さの根源だろうが

何も考えずに良い悪い言ってる奴が一番アホだよ
根拠なんて置いてけぼりなのに声だけデカイんだからな

73 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/08/18(月) 16:28:27.32 ID:19qZcAei0.net
»69
感心した

— アキラって1988年の作品なんだな (via ch624)

(via igi)

11:28pm
6,161 notes
Reblogged from haetae

haetae:

The Medical Pathology Museum of Tokyo University contains a collection of around 105 preserved human skins tattooed in the traditional Japanese style, including a number of full body suits.
http://sitesofmemory.tumblr.com/post/36610985742/

photo source:
http://lifeand6months.com/2012/11/01/the-tattoo-collectors-film-fiction/

I find this disturbing yet fascinating…

(via antoninjp)

September 7, 2014 at 9:39pm
329 notes
Reblogged from monburan

あとセックスは9割くらいが非言語コミュニケーションビビった。空気読みあうことで動いてく感じ。

手とか目とかで意志を伝える感じになっていって、こと細かく言葉であらわすことが「野暮」?みたいな雰囲気になる。

アスペルガーの人って本当にどうするんだろう?多分、不得意分野だよね?一回やったら完全に嫌になりそうだ。

どちらかが空気読めてなかったら、動きが行き違って、相手の太ももを踏んだりとか鈍くさいことになりそうだし。

でも、細かく正しく言葉で説明しながらのセックスって想像がつかない。

そして何を普通と思っていて、何に抵抗があるのか、性的行為についての価値観って人によって本当に違うんだと思い知らされる。

あとは「乳をそんなに強く揉んだら痛いに決まってるだろがボケが!」の、「決まってるだろが」が通用しないこととか。

女同士だったら同じものがついてるからわかるけど、男には乳無いもんね。

クリトリスは強く触られると痛いことを予備知識として知っていたらしく、全く痛くされなかったんだけど、

乳をああも強く揉まれるとは。脂肪が多いから、尻のようなものだと思っていたみたい。

あとはAVとかでもだいたいガツガツ揉むから平気だと思っていたらしい。AV女優はなんで平気なの?ほんと。

私にとってはやたらに揉んだら痛いのが当たり前だから、そんなことしてくるなんて頭おかしいんかと咄嗟に思った。

でも痛くない人も居るのかなあ。

私もキンタマを強打する感覚はわからないし、その辺の溝は感覚的には埋まらないんだろうなぁ。

なんか、このへんの「言っても究極のところわかんないんだろうな」みたいなものが凝縮した感じが、セックスにはありました。

— 男女交際とセックスを経験した (via monburan)

(via do-nothing)

9:37pm
271 notes
Reblogged from zenigata
zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

(via do-nothing)

9:35pm
26 notes
Reblogged from kogumarecord
kogumarecord:

AqDg29

kogumarecord:

AqDg29

(via do-nothing)

9:31pm
64 notes
Reblogged from furudanuki

「向き合う」べき雑用、雑事、つまらないコレクション、どうせ着ない8割の服、「念のため」残しているけれども5年以上触れたことのない書類を捨ててしまえば、外側の輪が縮んで、やはり内外の差から生じる「整理できていない」という部分は減る気がします。

服なら「もう何度これを着るの?」、雑誌なら「この中身をまだ利用するの?」、書類なら「原本をおいておく意味があるの?」ということでしょうか。

つまり整理するときの根源的な質問は「どこに保管しよう」ではなくて、「この物にどの程度のアテンションを割くことをよしとするのか?」ということになるのかもしれません。

— なぜヒトにとって整理することは難しいのか? | Lifehacking.jp (via furudanuki) (via a2onaka) (via gkojax-text) (via harukaze417)

9:15pm
2,025 notes
Reblogged from kissmyhipbone

平均的な4歳児は、毎日400個以上の質問をしている。このときの返答次第でその子の性格とか知能とか決まる。

— (12) Tumblr (via kissmyhipbone)

(via yunh)

9:15pm
2,213 notes
Reblogged from nagaino
nagaino:

沼津魚市場

nagaino:

沼津魚市場

(via yunh)

4:34pm
117 notes
Reblogged from jackrose

jackrose:

(【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*) : 【韓国の反応】朝日新聞が池上氏のコラムを掲載拒否→池上「連載を中止する」→批判を受けて結局掲載【朝日新聞の慰安婦捏造問題】から)

↑これ、今見るとひどい分析だね~

*個人的に、池上さんは普通に広く物知りですごいなと思ってます。

ただ、韓国については見解が浅いなと思う。私のほうが詳しいよ! 当然か。笑

なので、他のニュースについても同じようなものなのかもと、鵜呑みにはしないようにしてます。

池上さんが前回の韓国大統領選挙(そういえば、テレビでわざわざ選挙生中継とかしてたよね…)で、「パククネは親日的、ムンジェインは反日的」と論評していた点については、韓国を中途半端にしか知らない人がそう評価しても仕方ない部分はあると思う。

てか当時は、パククネを故パクチョンヒと重ねて、「似たような政策をとって日本に融和的になるのではないか」と分析してる人だらけだったしね。

知っておくべき一つ目は、まず故パクチョンヒは徹底的な「用日」だったということ。

彼は反日教育を強化した政治家であり、今のようなイビツな日韓関係を方向づけた犯人の一人です。ここまでコントロールがきかなくなるという予想はしてなかっただろうけど。

政治家としては優れてましたが、別に日本が好きだからそうしたわけじゃないよ。

二つ目は、韓国の反日世論を甘く見すぎてはいけないということ。

たとえ親日な政治家がいても、韓国でそれを表明すればすぐさま失脚します。

反日はどんな有能な政治家でもコントロールできない「国民主導」のものになったんです。

たとえ今パクチョンヒが登場したとしても、韓国がいちおう民主主義社会である以上は、このポピュリズムには対抗できないと思います。パクチョンヒは軍事独裁政権下での大統領でしたから。

三つ目は、パククネ自身が独立後に生まれた反日洗脳世代で、対日羨望と対日憎悪と対日優越感を植え付けられているということ。

併合期をナマで知る世代が減れば減るほど、韓国の反日がキチガイじみたものへと変化していきましたが、これは必然です。

かつては「併合期を知る人が減れば減るほど日韓の歴史問題はなくなっていく」と安易なことを考えてた政治家・評論家が多かったけど、「韓国でどんな教育、どんな報道がなされているか」を分析すれば、こうなることなんて簡単に予想できたはずです。予想してなかった人は評論家失格だよ。もちろん今の子供たちだって反日洗脳世代で、今後も期待はできません。

いくら「事実」を知ってて理性的な態度をとれる韓国人であっても、日韓友好を心から望む韓国人であっても、根っこに植え付けられた反日洗脳のくびきからは、ごく一部を除いては、真の意味で自由になれません。

パククネについて、「本心は親日だけど、政治的に反日するしかない」と分析する人もいて、そういう面があるのは事実だろうけど、むしろこれは「韓国人が好む言い訳」なんです。私は彼女は表面上というより、もっと根っこのところで本気で反日なんだろうと思います。

そもそも韓国人を親日か反日かで分類して分析することにまっったく意味がないんだよ。

そういう視点で分析すると、本質を見誤ります。

反日は国是であり、宗教であり、道徳であり、麻薬である。

団結の手段であり、被害者になる手段であり、優越感を持つ手段であり、外交アイテムであり、利権であり、ビジネスであり、アイデンティティである。

さらに韓国は、こんなすさまじい反日を抱えながらも日本が好きです。ストーカーの愛ですが。←これも知っておかないと、見誤る。

(via pcatan)

3:51pm
149 notes
Reblogged from otsune

「筋肉痛がつらいよー( ; ; )」って言ったら旦那さまが「よし、ingressやりに行くか!」って言ったので離婚も近いかもしれません

— ショウジユウコ on Twitter: 「筋肉痛がつらいよー( ; ; )」って言ったら旦那さまが「よし、ingressやりに行くか!」って言ったので離婚も近いかもしれません (via otsune)

(via pcatan)

3:08pm
92 notes
Reblogged from otsune

同じ時代、たとえば「姥捨て」を敢行して村の飢餓を回避した殿様の話であるとか、 高齢者を大切にする余りに畑をおろそかにして、一家が全滅した農家の話であるとか、 もしかしたらいろんな物語があったのかもしれないけれど、語り手によってそんな物語は あるいは「淘汰」されて、今に伝わるのは、やっぱり「高齢者を大切にするといいことがあるよ」なんて メッセージばかり。

語り手は、物語を選別して、後世に伝える。

— 物語と利権 - レジデント初期研修用資料 (via otsune) (via voqn) (via jumitaka) (via gkojay) (via shimanashi) (via pcatan)